ビジネス徒然草43

「百均」の隆盛。「百貨」の衰退。生活環境や行動の変化実感の時。

2023年1月31日、渋谷の東急百貨店本店が55年の歴史に幕を閉じた。多くの人が昔を懐かしんで来店していた営業最終日のよく見かける風景であった。私も、高校生の頃より生活行動のアクセス拠点が渋谷であったので、駅ビルとしてあった東急東横店には何度か立ち寄ったものである。今回閉店の本店は、言ってみれば渋谷の街の突き当りになるようなところに立地しており、品揃えも比較的ハイクラスのものが多かったように思う。したがって、若者よりも中高年の方々が、ゆったりとした時間の中で買い物を楽しむ空間の印象が強かった。

渋谷には他に西武百貨店がある。元来が西武百貨店といえば池袋を拠点としており、その地で東武百貨店と鉄道系同士の激しい戦いが続いていた。西武が渋谷に。まさに「西部(西武)戦線異状あり」と、昔の本のタイトルを模してはやし立てられていたものである。思えば東急も鉄道系ではある。

東京に限らず、地方の百貨店でも閉店の案内を耳にするようになった。北海道帯広の「藤丸」、山形県で頑張ってきた「大沼」といった、その地における名店が閉鎖せざるを得ない環境に置かれている。昭和30年代には、「百華店」といわれるほど、憧れの存在であり、地域の文化発信の中心拠点でもあった百貨店が今、大きく変換せざるを得ない岐路に立っている。銀座にあった松坂屋も、今は「銀座シックス」として、過去の百貨店とは異なる業容を示している。

一方で、100円均一の商品が並ぶ「百均」のリーダー的存在でもある「ダイソー」が創業「50周年」を祝い活発な店舗展開を続けている。かつては、メインの買い物をサブとして支え、また時にものめずらしさの発見拠点でもあった「百均」が、ここにきて日常の生活用品が軒並み値上がりするなかでは、その存在感をますます増し、買い物行動の中核的存在にまでなってきている様子もうかがえる。

何とも皮肉な巡り合わせである。「百貨」に憧れていた時代。なかなか手にすることもないような高位なものを眺めながら、いつの日か自分もあのようなものを手にしたいと思わせた「百貨店」。そんなものよりも、合理的に効率よく暮らす道具を求めていた方がよいと感じさせる「百均」。

両者のバランスがとれていることが、健全な消費環境だと思うのだが、どうも最近は、そうとも言い切れないようだ。この国の豊かさとは何かと問うている。そのように感じる流通の変革である。

Management Partner Staff
清野 裕司

温故知新27

楠木建氏の「逆・タイムマシン経営論」:Amazon/https://qr.paps.jp/PdWy3 が注目されている。説明文に「近過去の歴史に学ぶ経営知」とある。まさに我が意を得たりの書籍である。昔を辿るのではなく、過去の事実からこそ本来的な学びがあると考えている。

27.コンカレントマネジメント 1997年に上梓された書であるが、部門を超えた統合の重要性を訴えており、今に活きる思考である。近過去を素材に学び行こう。
Amazon/ https://qr.paps.jp/OYLHs

旬刊独白69

今は「ない」ことが繰り返される社会のように思える。

通勤電車の車両の中で、高校生の男女が頬を寄せ抱き合って立っていた。通学途上であろうか。そもそも学びの場に向かう姿勢には見えない。それ以上に、公衆の面前での振る舞いとは思えない情景ではないか。かといって「みっともない(=見るに耐えない)」からやめなさい・・・」との叱責の声も上がらない。。多くは眼をそらしている。それよりも、あたり構わぬ大きな声での会話。ひと時、動物園のサル山の風情を感じてしまう。

その少し離れたところで、鏡を出して髪を整えているOLと思しき女性がいた。これもまた「みっともない」と本人は少しも「思っていない」。日本の女性の特徴であった「さりげない」おしゃれ感覚は、決して全てを「さらけ出さない」、ある一面は隠すところに風情があったようにも思うのだが。

TVのバラエティ番組を見るでもなく見ていた。最近はやりのお笑いタレントが登場して「くだらない」「なさけない」という言葉が飛び交う。その「くだらない」内容を真剣な眼差しで見る観客と、その場の雰囲気を映像で見る自分も含めた視聴者。演じていることや会話自体が「くだらない」とは誰も言わない。多少のしかめっ面が見えるだけである。

昼に定食屋に行く。近隣の競争を意識して、質もそうだが見せかけのボリュームを競う店もある。特段の「愛想もない」店のサービス。若い女性では到底「食べきれない」量をサービス、と言い切る店もある。食べ残す。誰も「もったいない」などとは言わない。食べられない量を出す店が悪いのであって、自分には何の非もない、といった顔つき。米一粒食べ残すことに「もったいない」と親に叱られた世代からすると、何とも「やるせない」思いがある。

朝から夕刻までの一日。「~ない」と思いながら、声に発して言う機会も「ない」ままに、目の前の風景が流れていく。これも今の情景なのか、「しようがない」ことなのか。しかし、どこか「切ない」と思ってしう。

Management Partner Staff
清野 裕司

風の書庫⑫

自社をマーケティングしてみよう。

他者には何かと指摘が出来るのに、いざ自分のところは・・・?
そこで、自分の会社をマーケティング視点で見直してみよう。
思ったことを書き出すためのフレームです。
思考を整理すると、何かが見えてくるものです。

12:自社をマーケティングする

Management Partner Staff
清野裕司

旬刊独白68

ビジネススタイルは、基本を繰り返す「凡事徹底」が育む。

「継続は力」とは昔から言われていることだが、現在のような変革の時代といわれる中にあって、改めてその重要さを実感している。旧弊を維持することを善しとはしないが、変えなくても済むことを、無理やりに変えて、変わることが正しいようなコメントを聞くと、果たしてそうか、と疑問文を投げかけたくなってしまう。

新しい機能が、これでもかと言っているかのような新機種ラッシュのスマホ。本来的な機能や操作に慣れる前に次。新しければ善しとする風潮も気になること。環境適応を言いながら、使い切る前に新商品のラッシュである。今までのものの何が不都合だったのかとも思ってしまう。それだけ、技術の進化スピードが速まってきていることの証でもあるのだろう。付帯する技術的な進化に合わせて、次々と付加される便宜性であれば納得も出来る。しかし、本来やるべきことをやっていないケースは、何ともやり切れぬ思いになる。

買い物に店を覗く。当然客を出迎える「いらっしゃいませ」の溌剌とした声が聞かれるものと想定する。しかし聞こえてこない場面がある。聞こえるのは店員同士の会話の声。欲しいものを探して、客によって勝手に動かされた商品。整然と並べておくことが全てとは言わないまでも、いつでも選択しやすい状況になっているのが店頭ではないかと思う。そうではない雑然とした商品。塵ひとつ落ちていない清潔な店を求めているのではないまでも、食事をする空間は清潔感が基本。ところが、何とも雑然たる空間になっているファミリーレストランやファストフードの店。客が店内不案内であれば、丁寧に導くのが大型店舗にいる担当者だと思うのだが、客と眼を合わすことを避けるような態度の百貨店のフロア-スタッフ。

基本とは何か。今の社会に問われているような気がする。当たり前と言われることには、特段の目新しさはない。まさに平凡なことの繰り返しである。しかし、その凡事を徹底してやり続けることが難しい。難しいが故に、実現されている場に出会った時の感動と心の安定の高さがあることも事実であることを忘れてはならないと、私は思っている。

Management Partner Staff
清野裕司

ビジネス徒然草

昭和男が感じる令和の巷で見る不思議。

昭和から平成・令和を経て早や30年以上の時が流れている。最近はよく、昭和の時代では当たり前であったことを取り上げ、不思議そうにコメントをするTV番組に出会うことがある。かつては「十年一昔」という表現もあったが、今や「五年一昔」かもしれない。してみれば昭和は大昔ということになってしまう。
今世間で当たり前と思われていることを、逆に昭和の感性から眺めてみれば、不思議と思うこともある。昭和に生まれ、ビジネスのスタートも昭和である私の目から見た今の不思議を綴ってみよう。

1.貴方の情報源はスマホが全てですか。
通勤電車で新聞(紙)を広げて読んでいるビジネスパーソンに出会うことが殆どなくなってきた。確かに新聞を広げられるとその空間は一人だけのものになり、周りの空間は狭くなる。一人ひとりがスマホで情報収集といった方が、空間的にも効率は良いであろうが、その分、情報検索の幅は狭くなってしまうのではないかと、余計なことを心配してしまう。

2.個人の意見をあまり言わないようですが。
会議の場で、参加メンバーに意見を求める。あまり闊達な返事が返ってこない。たまたま、そのメンバーの中の誰かが、どこかの本かインターネットで、誰かが言っていた意見を発信する。すると、その同調者や反論者が登場してくる。しかしそれは、ある意見に対する論評であって、自らの意思を表明したものではない。

3.自分のものは揃え、他人のものまでは気が回りませんか。
情報の共有をすることに対して、一人ひとりが独自のデバイスを活用しているようだ。であるがゆえに、他のメンバーが何に興味を持っているのかということには興味を示さない。狭い自分の空間の中だけで思考しているように感じてしまう。

4.群れていると安心するんですか。
大晦日から年始へのカウントダウン、サッカーワールドカップの集団的ブラボーの声/10月末のハロウィンでの集団・・・、どれもが映し出されているのは渋谷のスクランブル交差点。集まって騒いでいると安心するのかな。

5.表現の短縮に慣れすぎていませんか。
コスパやしゅうかつ、歴女や鉄女などなど、数えればきりがないが、なんでも短縮が当たり前のようだ。「差別性」という言葉も、もともとは「差別的競争優位性」である。短くすれば話は確かにしやすくなるのだが、本質からは外れてしまっているような印象がある。

思いつくままのものなので、もっと日常生活面からみれば不思議と思うことはたくさんあるのではないか。あまり深刻にならず、また折を見て注目すべきことを拾いあがてみよう。

Management Partner Staff
清野 裕司

旬刊独白67

マーケティングは顧客との「貸し借り」のバランスづくり。

消費者金融が発するメッセージに「ご利用は計画的に」がある。借りたものは返す、世の道理である。返せないなら借りるな。これも道理であろう。しかし、今の世情はどうやらそうではないようで、「返せそうもないが、まあ何とかなるだろう」といったお気楽モードも一部見られるから切ない。30年ほど前、“Play Now,Pay Later”のキャッチフレーズがクレジット会社から流れていたことがある。楽しみは先に、但しその借りは返すように言い聞かせていたものである。
最近は「勝ち組/負け組」に代表される二者択一的な判断基準が横行しているように感じる。どちらを選ぶかと言われれば、多くは負の状況よりも正の状況を選択したくなるのも人情であろう。しかし、一方の極があればその対極が必ずあるもの。両者のバランスによって人生は創り出されている。一方の極にのみ身を置いていると、どうしても思考の回路や、何よりも暮らしの姿勢自身が偏ったものになってしまう。「偏見、偏狭、偏食、偏屈・・・」ほめられた言葉は並ばない。
ビジネスの世界も、経済的な対価のやり取りに限らず、業務上の貸し借りが常に存在する。なぜ自分だけがこんな思いをしなければならないのか、と苦渋に満ちた顔で現在の仕事を語る人に出会うことがある。しかし、終生そのような状況が続くわけではない。その仕事は多くの人に貸しを作っているはず。いつか利息がついて返ってくることがあるもの。ただ、その返済に気づかぬままでいることがあり、自分は貸しばかり作っていると思い込んでしまうようだ。
借りを作るよりも貸しを作った方が、将来が楽しみだと私は思っている。借りると返さなくてはならない。それよりも、今の仕事がいつか廻って戻ってくることを楽しみにしていたいもの。

マーケティングは、顧客への一方的な貸付ではなく、顧客から「ありがとう」の言葉が返ってくる、貸し借りのバランス行動ですから。

Managenment Partner Staff
清野 裕司

温故知新26

企業活動の原点は「競争」市場における対応力と実行力と捉えることができる。しかも、今の時代は時間の競争が前提として存在している。
考えるだけ考えても、実行が伴わなければ、それは単に自己満足に過ぎない。
ではどうするのか。
俊敏に動く「行動力」と、動きながら考える「考動力」。そのことを一言で表すと、いつでも動ける状況に自らを置く、「速度」と「即度」の統合が必要になる。

Managenment Partner Staff
清野裕司

26.アジルコンペティション

動きを識る:菓子関連市場の企業

MAPSの松島良太(matsushima@mapscom.co.jp)が整理編集し、
競争眼を持った戦略を展開する同業企業を見直している。

菓子業界の5社揃い踏み。
何か「気づき」があったなら、松島宛にぜひご連絡下さい。

 

「森永製菓」の現状を振り返る

「明治」の現状を振り返る

「カルビー」の現状を振り返る

「グリコ」の現状を振り返る

「ロッテ」の現状を振り返る

 

 

 

Management Partner Staff
清野裕司

 

 

旬刊独白66

感じたままに書かれた文章には、発信者の想いが溢れている。

 ビジネスのさまざまな場面で「提案力」「企画力」の必要性をよく聞く。
従来からも、企画することの重要性は唱えられてきたのだが、現在の経営環境にあっては、従来にはない新しい発想が待たれていることも確かである。

 提案するということは、まだ知られていないこと、思いついていないことを「気づかせる」ことから始まるもの。既に分かっていることを改めて言われても、さしたる驚きもなく、「言われるまでもないこと」と無表情な答えが返ってくることになるであろう。「気づき」を提示することは、聞く側にとっての感動を演出することに繋がる。そこにこそ、企画提示の楽しさ、面白さがある。何も知ったかぶりをして告げることではない。新しい見方や考え方を提示することである。マーケティング・スタッフに求められる資質やセンスは、自分自身の「気づき力」にあるといえよう。

世の中にある現象や事実に対して、自らが先ず疑問符を投げかけて考えてみる。「なぜこのようなことが起きるのか、なぜ今、このような商品や店が受け入れられるのか・・・」幾つもの疑問を自分自身に投げか浮かんでくる。そこからが問題。書き残しておかなければ、自分の気づきがどこかに飛んでいってしまう。忘れてしまうことになる。

折角思いついたのに、あの考えは何だったか。後になって思い出す。そして企画書に自分の想いを書き込もうとすると「作文」になってしまう。抽象的な文章が並び、現象や事象は丁寧に説明しているのだが、感動を呼ぶことはない。心が揺れない。作り込まれた文章は、どうしても説明的になってしまう。必要なことは、自分が感じたことをそのままに表現する「感文」にある。美しいものを「美しい」と書き込む力。感じたものがそのままに表現されることが、人への気づきを提供するものである。

マーケティングは、未来を予見し、まだ見ぬ世界を描き出すビジネス・アプローチである。作り込まれた「作文」よりも、自分自身が感じた心から発信された「感文」にこそ夢の説明力が内在していると、私は思っている

Managenment Partner Staff
清野 裕司

ビジネス徒然草

ビジネススタッフが持つべき機能やスタイルを再考してみた。

多くのビジネス第一線で活躍するスタッフと会話をして、各人の問題意識を聞くにつけ、ビジネススタッフはどうあらねばならないかが見えてくる。幾つか気付いたことを整理してみた。

1.スタッフとは、自らがどのように見られているかをいつも気にするアクターである。
多くの初対面の方々は、そのスタッフが発進する情報の斬新さや深みを見聞きして、その知識,見識を測っている。単に発信される言葉だけではなく、仕草も勿論見られ、そこに漂うスタッフの教養が見透かされている。ある時は「育ち」「家庭環境」「世間的動きへの感応度」などまでが見破られていると知らなければならない。それだけ緊張感を要するのがスタッフの立場である。

2.スタッフは、過去の累積をベースに未来を描く仮説設計力をもつ。
蓄積された多くの資料、人的ネットワークのリスト、書籍があっても、それらは、過去の活動事実の累々とした積み重ねである。過去をいくら振り返っても、そこに未来が突然のように現出するわけではない。過去の流れの思考回路を、未来を描く基準点にすることこそが、スタッフに求められている視点である。データベースは整理することに意味があるのではない。次代へのフレームワークであり、その器に今後何を入れていくのかを考えることである。

3.スタッフは、「作業」の請負人ではない。「仕事」のコーチ役である。
決められたことを実施する作業ほど楽なことはない。時間が解決するからである。しかし「作業」はあくまでも作業であり、その対価の基準は時価であり人力価に過ぎない。スタッフの対価は本来、知価で測られるものある。そのためにも日常的な学習による知恵と知識の向上は、スタッフを業とするものの当然の行動である。ただ最近の流行り言葉や店,商品を知っていると言うのではなく、その裏側に隠される時代の趨勢を自分なりに読み解いた知見が求められる。

4.スタッフは、変化に積極的に関与する革新の実行者である。
昨日までに決められたルールに則って作業を進める・・・それはビジネス・スタッフの日常に良く見られること。スタッフのビジネスは、明日に向けた作業の道を組み立てて指し示すこと。新しい動きが常に求められる。新しい人との出会いは、自らの変革を確認する反射鏡にもなる。自分がどのように対応しているのかを見直す機会になるからである。人との出会いによって、自らの行動や環境を変革し得たかの見直しをすることは、スタッフがその影響波及力を測ることでもある。どれ程の関わりを持ち得たか,どれ程の興味を持たせ得たか・・・それは、自分自身の行動の結果の現れである。

Management Partner Staff
清野 裕司

温故知新24

まだ見ぬ世界。未来には、ある程度予見できる「既知なる未来」もあれば、
全く予見もできない「未知なる未来」がある。
見えない世界を見えるようにする。そこに、仮説設計の難しさや面白さがある。

24.未来への決断

旬刊独白:今の時代は何色の風が漂っているのでしょうか。

旧来よりわが国には、移り行く四季を肌に感じ、暮らしの中に季節の様子を取り込んでいく、生活感性に深く溶け込んだ「四季」があったように思う。
四季の様子は色にも例えられ「青春・朱夏・白秋・玄冬」とる言われる。

「青・赤・白・玄(黒)」の各色は、巡り行く1年の中の変化だけではなく、大きな時代変化の時にも、その時代の雰囲気として使われた色分けでもあったかと思われる。1945年以降の、いわゆる戦後社会から今までに歌い継がれた歌の歌詞にも、その様子が見て取れる。

映画にもなった「青い山脈」やヒット曲として紹介される「リンゴの唄」の歌詞にも見られる(♪赤いリンゴにくちびるよせて だまって見ている青い空)が、戦後すぐの時期には「青」が頻出してくる。青い空は、戦争が終わった平和な社会の象徴であったような気がしている。

その後、1964年の東京オリンピックを経て経済成長の波に乗って、何となく社会には「熱」を感じさせるものが蔓延して「赤」が中核を占めていたようだ。美空ひばりの歌った「真っ赤な太陽」や松田聖子の「赤いスイートピー」。社会全体が、力を蓄えて前に進むことを意識していたように感じる。

1995年のバブル経済崩壊後は、一方的に力づくでも上昇気流に乗るというよりも、少しゆっくりと時を刻む「白」が取り上げられたり、その白を代表した「雪」が登場する印象が強かったように感じる。

そして今の時代。特に2020年以降は新型コロナウィルスの影響が至る所で見られるようになり、社会経済活動の停滞をきたした。働くスタイルが問い直され、1ヶ月の仕事が止まって経営が至らなくなる経済基盤の脆弱性が問われる時代になってきた。

このようにみてくると、時代変遷も「青→赤→白→玄(黒)」と移り変わるのだろうか。順送りから見れば、今の時代は「黒」。果たして、われわれが知恵を出し合って描く次の社会、Postコロナ時代には何色の風が漂うのだろうか。

Management Partner Staff
清野裕司

ビジネス徒然草

着実な一歩一歩が未来を創り行くベストな道である

1981年、ほぼ40年前のことになるが、私は、それまでの組織内スタッフとしての立場(サラリーマンでいること)を離れ、個人事業としてマーケティング・スタッフを主にした業務サービスを始め、2年後の1983年2月に株式会社マップスを設立した。
事業開始から、多くのプロジェクトを頂戴できたわけではない。ポツンポツンと、五月雨的な依頼であった。その間に心してきたことは、 Project Quality(業務&アウトプット品質)を高位に維持し、「企業の上に起つ企業」スタッフであることの志であった。
それは一朝一夕にできることではなく、日々の心がけの繰り返しによって実現するものと考えていた。その想いがことばになったのが、「一歩一歩」である。

自分自身の不勉強で承知をしていなかったが、昨年末に後藤静香(ごとう せいこう[※] )の以下の言葉を知った。 [※] 1884年8月17日 – 1971年5月15日。大分県出身の社会教育家、社会運動家。東京高等師範学校数学専修科を卒業後、大分高等 学校、香川女子師範学校で女子教育に従事する。

「第一歩」
十里の旅の第一歩/百里の旅の第一歩/同じ一歩でも覚悟がちがう/三笠山にのぼる第一歩/富士山にのぼる第一歩/同じ一歩でも覚悟がちがう/どこまで行くつもりか/どこまで登るつもりか/目標が/その日その日を支配する

仕事を通じてのキャリアアップは、日々の歴史を刻むにしたがって、プロジェクト品質への評価が内に外に厳しくなることを肝に銘じなければならない。過去よりも未来を見ていたい。かといって、時間は無尽蔵にあるわけではない。限られた時間でのベストをいかに出せるか。 自分のビジネスライフのモットーは「最善尽くして颯爽と」にある。
「自らが学ぶべき道」と「伝える力」は、自らの道を拓く時を準備してくれる。それは「自分力」を高めるための一歩一歩でもある。

Management Partner Staff
清野 裕司

 

PAGE TOP