温故知新27

楠木建氏の「逆・タイムマシン経営論」:Amazon/https://qr.paps.jp/PdWy3 が注目されている。説明文に「近過去の歴史に学ぶ経営知」とある。まさに我が意を得たりの書籍である。昔を辿るのではなく、過去の事実からこそ本来的な学びがあると考えている。

27.コンカレントマネジメント 1997年に上梓された書であるが、部門を超えた統合の重要性を訴えており、今に活きる思考である。近過去を素材に学び行こう。
Amazon/ https://qr.paps.jp/OYLHs

温故知新26

企業活動の原点は「競争」市場における対応力と実行力と捉えることができる。しかも、今の時代は時間の競争が前提として存在している。
考えるだけ考えても、実行が伴わなければ、それは単に自己満足に過ぎない。
ではどうするのか。
俊敏に動く「行動力」と、動きながら考える「考動力」。そのことを一言で表すと、いつでも動ける状況に自らを置く、「速度」と「即度」の統合が必要になる。

Managenment Partner Staff
清野裕司

26.アジルコンペティション

温故知新24

まだ見ぬ世界。未来には、ある程度予見できる「既知なる未来」もあれば、
全く予見もできない「未知なる未来」がある。
見えない世界を見えるようにする。そこに、仮説設計の難しさや面白さがある。

24.未来への決断

温故知新23

これから起きることは、確たるものではなく仮説である。

その仮説を、より確たるものにするには、過去の事実を見直すことも良い。
多くの事例に共通するものは何か。その共通因子は何か。


未来を見るために過去を見る。忘れてはならない「複眼」である。

23.N0.1企業の法則

温故知新22

先を見るのであれば、過去を紐解け。「学ぶ」は「真似ぶ」。
しかし、何事も同じようにすることが「まねる」ことではない。
「全く違うことをする」「やっていることをやらない」のもまねること。
マーケティングの名著の1冊に目を通してみよう。

22.創造的模倣戦略

Management Partnar Staff
清野裕司

投稿者:

maps-staff

一刻一歩に最善を尽くそうと今もする。変わる鋭さと変わらぬ頑固さがある。 

 

温故知新21

「今」の状況を読むこと。そして理想と現実のギャップを知ること。そこに「戦略」がある。

「理論が古い」という指摘もあるが、基本の理論に古さはない。

21.戦略的思考とは何か

そしてまた、学び行こうとする姿勢にも古さはない。

Management Partner Staff
清野 裕司

投稿者:

maps-staff

一刻一歩に最善を尽くそうと今もする。変わる鋭さと変わらぬ頑固さがある。 

温故知新20

前世紀の最後半には、今に生きる者への示唆に富んだメッセージ本が多く上梓されている。この書も、そのうちの一冊かもしれない。
「学ぶ」は「真似ぶ」を源流にするという。
良きものを真似て、自らをより高位に導くよう活動する。
そのような志と行動は、古くからわが国商人が実行してきた経営そのものである。
日本型経営モデルが海を渡り、洗練されてまた戻ってきたのか。

20.戦略的ベンチマーキング

Management Partner Staff
清野裕司

温故知新18

古いものには、今を見つめるヒントがある。それは、今に至る源流でもある。
25年の時を超えて、今もなお企業活動を見る原典的な書。

Amazon:http://urx.space/ZWFo

18.知識創造企業       Management Partnar Staff 清野裕司

温故知新16

堺屋太一氏が「知価革命―工業社会が終わる 知価社会が始まる」を発信して既に30年強の時が流れている(1990年6月刊行)。
その間に、わが国の政界や社会的な価値観は、変化潮流に乗ってこれただろうか。
時に国会の論戦や中高年ビジネスパーソンの行動や思考を見ていると、変われずにいるような気にもなる。
「価値」は対峙する相手が決めるもの。アルバイターやパートタイマーなどは、基本的に行動した「時」の多寡が価値を生んでいる。まさに「時価」である。
そのレベルからプラスして、知恵がものをいう、「知価」の時代が続く。
さらに進めば、その人そのものが評価の対象となり、その価値が問われる「人価」。
そうした中、自分自身がどれほど知的進化を遂げているかを振り返ってみるのもよい。

16.知的マーケティングの技法

Management Partner Staff 清野裕司

温故知新15

この書が上梓されてより、ほぼ25年の時が流れた。その間に、多くの「ブランド」関連書が刊行されている。
研究成果として、事例紹介として…多種多様。それだけ学びの素材は多く提供されている。
「ブランド論」は、まさに古くて新しいマーケティングのテーマである。

15.ブランド・マーケティング

Management Partner Staff 清野裕司

温故知新13

最近のTV広告のつまらなさには辟易としている。夢もロマンも感じない。
してみれば、より顧客関係の現場に近いところでの情報発信を心掛けるコミュニケーションの重要性を改めて知ることになる。

13.広告革命

Management Partner Staff 清野裕司

温故知新12

21世紀の今、我々が頭を抱えて思い悩んでいるいくつかのマーケティング・テーマについて、すでにこの時代(1990年代後半)に、ほとんどが問題提起されていた。
今を生きる、ヤング・マーケティング・スタッフには、すぐにでも読んで基本を知って実行してほしい書である。

12.顧客満足型マーケティングの構図

Management Partner Staff
清野裕司

PAGE TOP